採用管理システム導入のメリット

採用管理用システムツールの紹介と利用時のポイントを解説します

初めて採用管理システムを導入する企業に丁寧に説明します

採用管理システムは優秀な人材を採用するために効率的なものとして多くの企業から注目されています。しかしその詳細な内容について理解が深まっていないことも多く、導入を迷っている企業も少なくありません。その大きな理由は人事担当者が明確な採用基準を持っていないことにあります。一般的に企業が人材の採用を行う場合、入社試験の成績と面接時の受け答えで判断することが多いものですが、その試験問題や面接の設問が優秀な人材を判断するために有益なものでないと適正な判断ができないことになります。しかし実際にはこのノウハウは非常に難しく、企業のこれまでの経験と面接官のスキルによるところが大きいものです。採用管理システムは採用における様々な基準を明確にし、客観的な基準のもとでスムーズに採用を行われることを目的としています。

人材募集から入社まで一貫してサポートします

企業の優秀な人材を獲得できない理由はいろいろあります。一つは優秀な人材を採用するための明確な基準がないことです。そのため結果として応募した人材の中から最もよさそうな人物を選ぶことになってしまい、結果として見込み違いであったり、期待した成果を上げることはできないといったことになります。またもう一つはせっかくの優秀な人材を内定したのに、その人材に辞退されてしまうことです。優秀な人材ほど多くの企業から内定を取ることができるため、その中から最も自分に合った企業を選ぶことが可能になります。採用管理システムはこの二つの状況を回避するために一貫した採用業務の管理を行うことが主な目的です。募集段階で企業の魅力を対外的にアピールし、より多くの応募者を獲得するための仕組みを構築するとともに、内定者に対して適切なフォローアップを行うようになっています。

採用業務におけるプロセスを可視化することができます

多くの企業において採用業務における大きな課題は、そのプロセスの採用担当者の管理にゆだねられていることです。その理由は担当者が採用に関するノウハウを持ち、そのノウハウにそって人材が採用されているということによるものです。しかしこれでは人材に関する客観的な評価ができず、企業全体にとって優秀な人材を獲得することが難しくなっているという実例があります。また入社時にその人材の特性を見抜けずに誤った教育を行い、結果として優秀な人材の育成に失敗するという例もあります。採用管理システムにおいては採用基準を明確にし、そのプロセスを可視化することが大きな目的になっています。このため人材の適用性が様々な部署に反映され、情報が共有されることで企業にとって最適な判断ができるようになります。

この状況において、いかにブラックボックスをなくし=アルバイト・パート採用のすべてを「見える化」し、より適切な採用手法の導入、適正な採用予算配分を行っていくか。その答えを導くのが「リクオプ」なのです。 アルバイト・パート採用管理システム「リクオプ」。 アルバイト・パート採用は事業の成長の肝となっているはずが、実状はまさにブラックボックス。 ムダを撲滅し採用率を上げる採用管理